My photo story

カテゴリ:旅( 7 )

雪の東京へ

c0215627_9221120.jpg

JR信越線の北高崎駅を出発する時には朝陽がさしてきました。





c0215627_9232331.jpg

さいたま新都心に着くころは雪が積もっていて、

行き交う電車の屋根にも雪が積もっていると言う、珍しいシーンにもあいました。





c0215627_9252890.jpg

時間があったので、上野公園側におりてみました。

皆さん歩き方がぎこちないです。





c0215627_927115.jpg

都会の霧氷?

駅の道路では雪が凍りつき、ガリガリと雪かきならぬ、氷かきをされていました。




∞∞∞∞∞∞ プチ東京旅 ∞∞∞∞∞∞

昨日はEIZOガレリア銀座で行っている カラーマッチングセミナーを受けに行ってきました。

いつも榛名湖で会う、カメラマンの方に「EIZOのモニターを買ったよ!」と・・・知らされ
その後色々お話を聞き、欲しくなった私。  しかし高い!

そこで、EIZO㈱ナナオのHPを見ているうちに無料のセミナーがあることを発見! 勉強してからにしよう。
スケジュールをあわせ、予約した日が偶然雪の降った昨日でした。


私が受けたのは
 午前の「知って納得!!カラーマッチングの基礎セミナー」と
 午後の「ColorEdgeを使ったカラーマッチングワークショップ」です。

私のおばさん的頭では中々理解するのが、むずかしい。
でもPCに詳しい人なら簡単にわかります。

その私の頭でもわかった事は

1.RGB(モニターの色を作る光の色の仕組み)とCMY(プリンタの色を作るインクの色の仕組み)とでは
  色域が違うということで、カラーマッチングが必要になる。
2.それには目的にあった、モニター、プリンタが必要。
3.よりよい室内環境を、目的にあった機材で整備する。
・・・などです。  

買えるかどうかは別として、私もまず室内環境を整えてみたいと思っています。


午前と午後のセミナーのあいまをぬって富士フィルムフォトサロン(六本木)で行われている
鈴木一雄写真展『 日本列島 ―季乃聲(きのこえ)― 』を観賞に・・・   良かったです~。  偶然先生にもお逢いしました。
写真展に中国の方が、家族でいらっしゃっていました。

余談・・・  電車に乗ってみると・・・ 冬はどうして黒い色ばかりなのでしょうね。
そういっている自分も黒服ずくめなのですが・・・
田舎に引っ込んでしまった私は、人の波に酔って疲れきって帰ってきました。
[PR]
by sayootsuka | 2012-01-25 09:36 |

アプトの道

仙が滝を訪れたあとに、立ち寄ってみました。



c0215627_7325735.jpg


碓氷峠の旧道(国道18号)を行くと、こんな橋が現れます。

その下には碓氷川が流れ、流れる音を聞きながら、橋の上を歩きます。

かつては、ここを列車が走っていました。
信越線の横川~軽井沢へと・・・・

アプト式鉄道として峠を越え、頑張ってきましたが、
新幹線には勝てず、廃線となりました。

現在は 遊歩道「アプトの道」 として橋上を歩くことができます。







c0215627_7331349.jpg

碓氷湖に車を止めて、トンネル(隧道)を五つくぐって歩きます。








c0215627_7333177.jpg

やがて・・ 
こんな風にめがね橋の上部が見えてきます。







c0215627_7334399.jpg

東の空には月がのぼっていました。
橋の近くで紅葉が見られるのも、もう少し・・・

[PR]
by sayootsuka | 2011-10-10 07:59 |

秋色7つの風景  #4

c0215627_94756100.jpg

皆さんお馴染みの美瑛町にある、四季彩の丘です。

花はケイトウです。






c0215627_9482497.jpg

クレオメが綺麗です。






c0215627_9481067.jpg

ノロッコ号(バギー馬車みたい)に乗って観賞しました。

北海道の広さを感じるものの、7月のような派手さはありません。










c0215627_959467.jpg

北海道はお米も作っているのですね。

たまねぎ畑、ビート(砂糖になる大根)、牧草、ジャガイモ畑などがイメージでしたが

稲田を見た時には、不思議な感じがしました。






c0215627_9591731.jpg

旅の最後の観光地、富良野にある富田ファームです。

背景に頭を隠している山は十勝岳です。

ここで食べたメロン、おいしかったです。



こうして、あとは千歳空港へ・・
お土産やをまわりつつ、トイレ休憩へと。

【秋色7つの風景】を探しましたが、7つは見つかりませんでした。

やはり秋はベストシーズンがいいですね。

ちなみに千歳~羽田便はジャンボ機だったので
揺れはなかったです。  天候にもよるのでしょうが・・・

[PR]
by sayootsuka | 2011-09-27 10:15 |

秋色7つの風景  #3

c0215627_729176.jpg
層雲峡温泉に宿泊の朝
6時10分発の
ロープウェイに乗りました。

たくさんの観光客が押し寄せ
予定の始発(6:00)には
乗ることができません。

この日大雪山系は
初冠雪になりました。


ひときわ目立つこの山は
凌雲岳です。















c0215627_7293265.jpg
左が黒岳です。





















c0215627_7393538.jpg

紅葉も7合目あたりまで来ているようです。

早朝に来ることができたら、きっと雲海が良かっただろうな~。

今回の旅は観光ですから・・・(言い訳? (ーー;) )





c0215627_744344.jpg

銀河の滝

お約束の団体写真をこの前で撮りました。
買った人いるのかな?









c0215627_7442544.jpg

流星の滝

ここもゆっくり観賞に浸っている時間はありません。

さあ、きょうもまた、
お買い物、北海道グルメ食べまくりツアー043.gifへと・・・

[PR]
by sayootsuka | 2011-09-26 08:05 |

秋色7つの風景  #2

c0215627_6275842.jpg
2日目の朝は土砂降り
台風が追いかけてきました。

オホーツク海は荒れています。






















c0215627_6281959.jpg
知床  オシンコシンの滝

土砂降りの雨もやんで、強風の中
傘をささずに見学できました。































c0215627_6365075.jpg

台風の後なので
水量がありました。





c0215627_6394546.jpg
能取湖(ノトロコ

【秋の湖畔を染め上げる
真紅の絨毯】

それはどこへ
行ってしまったのだろう?


















c0215627_640237.jpg
こんな風に黒くなっている
場所が多い。




















c0215627_6401448.jpg

一部を切り取った写真ですが、
私が思っていた景色とは大違いでした。


ガイドさんは塩害のようなことを言っていましたが
確か塩に耐えられる植物のはず?
帰ってから調べてみました。


アッケシソウ(厚岸草、学名Salicornia europaea)
                           アカザ科    一年性草本
 海に接する陸地や内陸に発達する塩湿地に生育する塩生植物である。

アッケシソウの茎および枝の濃緑色は紅紫色へ変化する姿からサンゴソウとも呼ばれる。

北海道東部の厚岸町厚岸湖のカキ島で発見され、その地名にちなみアッケシソウ(厚岸草)と命名された。


※秋のオホーツク観光で人気の「能取湖のサンゴソウ」に今年は異変が起きています。

赤色が薄くなる「白化現象」が近年続いていることを心配した同協会の松下伸次会長は境客員教授に相談。

「土壌の塩分濃度が高まっている可能性がある」とのアドバイスを受けて

昨年10月、湖水があまり入り込まないよう群落地を盛り土し、

その上をあらかじめ確保しておいた種を含む土でならす工事を考えた。

環境改善を目的に砂を入れたり、堤防設置工事を行った結果、

逆に湿地の乾燥化が進んでしまいました。



大学教授のアドバイスも聞きながら工事を行ったそうですが、

土砂がむき出しになり、赤い絨毯の面積は例年の半分程度です。

「また砂を取り除けば、来年は美しいサンゴソウが見られる」と弁明しても、

納得できるのは人間だけでしょうか。



ツアーのメインの場所のはずなのに
突然の雨と風でここに居たのはたったの5分。

さて次の立ち寄り先はお土産やさんです。
よくよく考えてみると買い物ツアーのようです。

[PR]
by sayootsuka | 2011-09-25 07:21 |

秋色7つの風景  #1

高校時代の親友が
『あたし、サンゴソウ見に行きたい。 ズーっと思ってた。 付き合ってくれない?』
と連絡をくれたので、付き合ってきました。

「あなたの町から北海道へ 秋色の7つの風景を訪ねて」
と言うタイトルで訪ねたツアー3日間の旅。

メインは【深紅のサンゴソウ】を見るのが目的なのですが・・・
今年の【サンゴソウ】は異変が起きていました。



これからその3日間の状況をお知らせします。
さて秋色は見つかるでしょうか?

c0215627_11145622.jpg
台風が関西方面あたりに上陸したころの羽田です。

これから台風を背負って、
中標津(なかしべつ)空港へと
飛び立ちます。


















c0215627_11262843.jpg
予定時刻より少し遅れて
何とか、飛び立ちました。


飛行中は気流の状態が悪く、
何回か期待が大きく揺れました。

友はついに気持ち悪くなり、
嘔吐しておりました。

私はこういう状態には
意外と弱いのですが
なんともなかったです。

ツアーの定席から、
北海道の雄大な大地が
見えてきました。










c0215627_11315732.jpg
最初の観光地
 【地球が丸く見える】
と言う開陽台へ

私のレンズでは、
地平線は分かりますが
【丸く】は無理でした。

360度地平線が見え、
北海道の広さを感じます。

















c0215627_11363632.jpg

摩周湖です。

【霧の・・・】と言われるほどに霧が多い摩周湖ですが、
今回初めて湖面が見られました。

NHKでTV放映されていた【摩周湖の滝霧】を
思い浮かべ、ほんの少し想像の世界に
浸ってきました。












c0215627_11402928.jpg
硫黄山です。

硫黄の匂いが鼻をつき
近寄りがたかったです。




















c0215627_11414144.jpg

こんな風に枯れ木も目立ちます。



一日目は曇り空でしたが
何とか観光出来ました。
台風の状況も次の日が心配。
心配しながら、川湯温泉に宿泊。
二人とも疲れて、早めの眠りに・・・・・・(ー_ー)

さて【サンゴソウ】の状態はどうなのでしょう。

[PR]
by sayootsuka | 2011-09-24 12:11 |

そこここに、秋が近づいて

c0215627_10391659.jpg

夏休みの間、にぎわっていた丸沼
今は静かに釣りを楽しむ人たちくらいです。







c0215627_10394733.jpg

湖畔の木陰で、お弁当を広げ、
自然を満喫する中年のカップル。

その傍で、ガケカンバの大きな木が、
秋の準備をしていました。








c0215627_1040012.jpg

湖畔の水はきれいに澄んでいました。



結局気にいった写真は撮れず、
秋へと移行する景色を
しばらくの間、楽しんできました。

[PR]
by sayootsuka | 2011-09-10 10:53 |