My photo story

<   2012年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

青春18切符 山寺の旅

残暑が厳しいですね。
この暑い中、ローカル列車に乗るのが好きな友と、山形まで旅をしてきました。
もちろんローカルと言えば青春18切符(おばさんに似合わない名称ですが・・・)を利用。

友達に「青春18切符で、どこか連れて行って!」と言われシブシブ計画した旅です。
いつもなら、一人で出かけるほうが多いので道中がうまくいくか不安でしたが、
そこは持って生まれた性格で「何とかなる!」と出発しました。


★29日行程

高崎 発 5:25 ⇒ 小山 経由 ⇒ 黒磯 着 8:56  発 9:39 ⇒ 郡山 着10:40  発11:06

⇒ 福島 着11:54  発12:37 ⇒ 仙台 着13:26  発13:46 ⇒ 山寺 着14:39 発16:40

⇒ 山形 着16:55  発17:32 ⇒ かみのやま温泉 着17:44 宿泊


 




c0215627_14274372.jpg
郡山駅で乗り込む列車




















c0215627_14292883.jpg
白河駅付近で見えた小峰城





















c0215627_14321618.jpg

山形へ向かう仙山線を待ちます。 暑い~!       仙台駅で





c0215627_14343952.jpg
仙山線の車窓から
ビールでも飲みたい!

















c0215627_14364721.jpg
山寺駅から、山寺を望む 
これからここを登ります。
















c0215627_14393085.jpg

山門の登り口






c0215627_1442731.jpg
登るたびに汗が滲んできます。
さすが暑い。 

「頑張って登って、降りたらビールを飲もうね。」なんて約束。


















c0215627_14442478.jpg

芭蕉の句の世界です。
岩も蝉の声も・・・







c0215627_14472042.jpg

こ~んな岩の上に建っています。






c0215627_1450317.jpg

山門の上から見える谷間の町です。






c0215627_14505972.jpg

私たちが乗ってきた、仙山線の山寺駅も見えます。






c0215627_1452778.jpg

















c0215627_14523847.jpg
暑さもふっとぶ高さから下をみます。
足元に隙間が空いていて下が見えたらと思うと・・・  (ーー;)

















c0215627_14565181.jpg

帰りに駅舎をパチリ



c0215627_1457751.jpg

待合室です。




c0215627_1535581.jpg

かみのやま温泉の宿の部屋からの夕陽です。
7階の露天風呂からの夕陽の眺めのほうが良かったです。
この後冷たいビールをプファーっと飲み干して(お行儀悪いかな?)疲れて就寝。

宿泊は 天神の御湯 あづま屋でした。



★30日の行程

かみのやま温泉 発7:54 ⇒ 山形 着8:06 発9:36 ⇒ 仙台 着10:46 発11:04 ⇒ 福島 着12:16 発12:24

⇒郡山 着13:11 発13:20 ⇒ 黒磯 着14:23 発14:40 ⇒ 宇都宮 着15:31 発15:38 ⇒

小山 着16:04 発16:16 ⇒ 高崎 着18:18

こうして、やたらと長い間ローカル線に乗りっぱなしで、
腰が痛くなった私たちの旅は終わりました。

宿泊の朝、揺れる地震でおこされましたが、幸いたいした揺れでなくほっと一安心。

列車のダイヤも仙台に近づくに連れ、少しづつ地震の影響が出ましたが、
最後には予定通りの帳尻となって帰ることが出来ました。

写真は重たい一眼レフを引っさげて撮る意気込みでしたが、撮った写真はブレブレ。
これなら、コンデジで撮ったほうが、道中軽くてよかったのにな。

「青春18切符」は利用することは出来ませんが、山寺は秋がきれいでいいと思います。

※つまらないお話にお付き合いいただき、有難うございました。

[PR]
by sayootsuka | 2012-08-31 16:02 | 鉄道の旅

鰯雲の朝焼け

c0215627_1523631.jpg

何だか今朝は焼けそうな予感がする。










c0215627_15122780.jpg

道路わきの木々が段々繁り、湖が全面見える場所が少なくなりました。
この日は鰯雲が秋元湖の上を覆いました。

朝日がでるまでしばらくの間、見惚れながらシャッターを切っていました。

[PR]
by sayootsuka | 2012-08-30 12:11 | 朝、夕景

木陰の涼しい滝

c0215627_1545897.jpg












c0215627_1551474.jpg

達沢の滝は雨が降ってないので、水量は少ないです。
黒い岩に落ちる水の白い筋が、際立ってきれいでした。

まだ夏休み中、ここもご他聞にもれず、混んでいました。





※友達と出かけてきます。 予約投稿です。

[PR]
by sayootsuka | 2012-08-29 11:03 | 流れ

レンゲ沼の夕焼け

c0215627_9353063.jpg

裏磐梯、レンゲ沼は来るたびに湖面の葉が茂っているようにみえます。
ヒツジグサの他の植物は何という名前だろう?









c0215627_9351292.jpg








c0215627_9354252.jpg


ホテル(裏磐梯ロイヤルホテル)でチェックインを済ませ、沼に夕陽を撮りにいきました。
フロントで、「遊歩道のほうへは入らないでください。熊の出没危険があります。」と言われた。
えっ! そうなの。 初めてだな、こんなこと言われたの。
そういえば・・・ ホテルの敷地にも「熊出没あり、立ち入り禁止」の札があったな。
ちょっとビビリましたが、夕焼けには勝てず、鈴、ラジオをつけて撮影です。

何人かいた観光客も、そのうちにいなくなり、2,3人来てはすぐいなくなります。
これからが夕陽のきれいなところなのに、何故行ってしまうの?

ちょっぴり熊出没に脅かされましたが、夕陽には満足でした。
年ですねぇ。 撮影旅行から帰って、二日目の今朝はすっごく疲れています。(^_^;)

[PR]
by sayootsuka | 2012-08-28 10:03 | 朝、夕景

緑の渓谷

c0215627_9481542.jpg

駐車場から少し歩くと、こんな涼しい渓谷が現れます。

夏の強い陽射しが差し込み、輝度さがあるため後ろはシロとびしています。
まあ、腕のいい人はこれをクリアーできるのでしょうが・・・
水がきれいな渓谷はいいですね。













c0215627_9482985.jpg

この渓谷の流れは滝から落ちていて、滝の上は、ガードレールのある道路です。
車や、ガードレールが映らないよう、気を使ってみました。(それって当たり前?)

左と上がやっぱりシロとびしてしまいます。(これも言い訳かな?)
対処方、勉強しなくては・・・(^_^;)
対処方、どなたご存知ですか?

[PR]
by sayootsuka | 2012-08-27 10:06 | 流れ

ラベンダーのかおり

c0215627_21322641.jpg

ラベンダーパークの花は、遅咲きの花が咲いているのみでした。
ここは霧も出て、ラベンダーの花とのコラボがいい場所です。

でも、この日はカンカン照り、霧の代わりに入道雲です。










c0215627_21324015.jpg

早咲きの花が少し残っていて、蝶も飛んできました。
カメラを構えると、そばでいい香りがします。

[PR]
by sayootsuka | 2012-08-25 15:30 |

湿原のシシウド #2

c0215627_5514785.jpg

去年より、多く見かけられます。








c0215627_552736.jpg

きれい!とは言えない花ですが、虫が飛び交っています。
見た目、蝶に見えますが、どうでしょう?蛾かな?









c0215627_5522265.jpg





*****
きのうは暑い中、友達と『ツタンカーメン展』を観に行ってきました。
まだ夏休み中とあって、混んでいました。

チケットを買うのは、、すぐ買えました。 当日券(平日):¥2,700
その後、整理券をもらい(ちなみに12:00-12:15でした。)、その時間までお食事をしていました。

食後集合場所へ行くと・・・、長~~い列が出来ていて、「うわあ~さすが!」とびっくり!
おしゃべりしながらの待ち時間だったので、さほど待った感はありません。
でも・・・ 暑~~~い!

この混雑は入場してからのも続き、ひとつひとつのものをゆっくり見る
などと言う気にはなれませんし、見られない。
「止まらずに、ゆっくりお進みくださあ~い。」との声も無視されています。

展示内容については・・・
エジプトで観たからなのでしょうか・・・ ちょっと物足りない気がしました。
でも・・・海の向こうから運ぶのは大変なことだから・・・と思うことに。
「チュウヤの人型棺」は金箔がピカピカで一番印象に残っています。
ガイドレシーバー(¥500)を借りると解りやすいかもしれませんね。

観賞(・・・とまで行ったか、どうか?)後、
二人とも暑さで疲れてしまって、どこも行かず、帰りました。(~_~;)
余談でした。

[PR]
by sayootsuka | 2012-08-24 06:30 | 自然風景

湿原のシシウド

c0215627_20374971.jpg

たまには例会の前に、早朝撮影に行こうか。
そんな風に考えて、夜中に出発です。

蓼科牧場辺りに来ると、満点の星空です。
星を撮りたいなと思いつつも、霧が峰へと向かってしまいます。











c0215627_20382740.jpg

白樺湖を過ぎ、上り始めると・・・ さすが霧が峰。
霧で真っ白です。










c0215627_20384264.jpg

ホワイトアウトの中、しばらく池のくるみ付近で待機していましたが、
霧は晴れるどころか、いっこうに減りません。

あきらめて、八島湿原へと向かいます。
こちらのほうがいくらか、霧が少ないです。

駐車場から湿原へ行くと、雲間から赤く焼けてきました。
それも一瞬で、空全体が染まることはありませんでした。

八島湿原は、草紅葉へと変わりつつあります。

[PR]
by sayootsuka | 2012-08-23 14:37 | 朝、夕景

高原のゆり

暑いと言いながらも、高原の風は涼しくてさわやかでした。

尾瀬岩鞍ユリ園の無料入場券が残っていたので、
花は遅いだろうと思いながらも妹を誘って観光してきました。


c0215627_1143549.jpg

PLフィルターを装着せずに撮影した1枚
何故か、上の端にケラレが・・・  24mm域で撮影。
何故かわからない状態。











c0215627_11431629.jpg

こちらはPLフィルターを装着して撮影した1枚
こちらも上の隅に少しケラレが・・・ ケンコー 薄型PLフィルター 77mm  24mm域で


観光しながら、ケラレの疑問を調べてみようとやってみました。

前日使用したマルミ製は、フィルター枠が厚かったので
持っていた、薄型のフィルターを持って行き、写せばクリアーされるだろうと思っていた。
でも現実、私の頭では解決できなかった。



*** アドバイス ***

私の悩みを【梢をわたる風】一本の葦さんより、アドバイスいただきました。

『同じマルミでもいろんな種類があるのでちょっと値がはりますが、
防汚、防湿で薄枠のものなら、24mmでもケラレは出ないと思います。(DHGシリーズ)
私はそれを使っていますが、24-105mmの24mm側で使っても、
ケラレは出ないのは確認済みです。』

早速ビックカメラへネットで注文しました~。 (^^♪
DHG スーパーサーキュラーP.L.D 77mm

一本の葦さん、ありがとうございました。

[PR]
by sayootsuka | 2012-08-22 12:00 |

避暑地の森

c0215627_2335432.jpg

清里へ向かう道、夕陽になりかけた光が、
すごい印象で目に飛び込んできました。

撮影後にひとつ問題が・・・
PLフィルターを買ったとき、「24mm以下でケラレが出ます。」と書いてあったような・・・
やっぱり、出てる~!

今まで気づかなかったのは、カメラが7D(APS-C)だったからだ。
今は池ポチャで買った5DMⅢ(フルサイズ)だからと気づいた。

対策はないのかな?
手っ取り早いのは、PLフィルターを使わないか、
撮影時のレンズ使用のmm域を変えればいいんでしょうが・・・

ちなみに、口径77mmマルミ製(使い勝手がケンコーよりいいと聞いていたので・・)です。












c0215627_23351425.jpg

光がどんどん変わるので、そんなこと気づかずに撮ってました。

カメラを持つと、お構い無しに車を停めて(もちろん邪魔にはならないよう停めますよ。)、
普段入らないようなところに居るので、つられて車を停め森を楽しんでいく方もいます。

[PR]
by sayootsuka | 2012-08-21 15:34 | 自然風景