My photo story

<   2012年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

おはよう!

いつも訪問いただき、ありがとうございます。
このたび、画像容量もいっぱいになってしまいましたので、引越しすることにしました。

新ブログは My photo story2 です。


新ブログ My photo story2 のURLは http://suberihiyu2.blog.fc2.com/ です。
興味のある方はURLの変更をお願いします。


My photo story
同様、よろしくお願いいたします。


リンクさせていただいている方のも、徐々に引っ越しております。
少し、時間をくださいね。





c0215627_1831960.jpg












c0215627_18313589.jpg











c0215627_18321185.jpg

まだ、眠そうなカエルくん。
もう私は帰るから、また眠ってね。

[PR]
by sayootsuka | 2012-10-10 05:30 |

あいらしい花


きのうは、あいらしい孫がジジ、ババを訪ねてきてくれました。 遠いところをお疲れ様!
会話の無い、ジジ、ババにとって、賑やかになるとっても楽しい時間でした。
ですが・・・ あっという間に時間は過ぎて、また元の会話のない、ジジ、ババとなりました。



c0215627_2033267.jpg

孫を偲んで、コスモスを撮りました。
最近、多重露出を覚えたら、やたらと撮ってみたくなり、何かにつけて撮り捲っています。

多重露出といっても、PCのソフトで合成するように、カメラがやってくれるんですね。

フィルムは1枚の中に写しこんで(私の解釈が間違っていなかったら・・)重ねて行くのでしょうが、
デジは2枚以上の絵を合成するので結局、これって合成なのでしょうね。

重ねて撮る絵作りも、何度やってもうまくいきません。
これはもう、センスの問題なのでしょう。

でも、熱中できて面白かったです。










c0215627_20331614.jpg

咲いている花の中にも、生き物が生活しています。
花宿りといったところでしょうか。










c0215627_20354666.jpg

ここは「はにわの里」
台風で、倒されてしまったけれど、花は今が一番きれい!

朝露を見つけに、早朝を目指して出かけて見ましょう。

[PR]
by sayootsuka | 2012-10-09 06:10 |

妖しい紅

c0215627_20525531.jpg












c0215627_21141350.jpg











c0215627_20532044.jpg


この花の色は、光によってはとても妖しく見える色のような気がする。

そのあざやかな花の蕾にじっと止まっているシジミチョウ。
花には毒がないのだろうか?

妖しい色と言われるには、きっとわけがある。

この花は球根に毒があり、モグラや野鼠の防除のために、
田んぼの畦道に植えられているのだそうです。

緑濃い葉は、花の咲いた後球根から芽を出し、冬に葉を繁らせ、
春に光合成をして球根に栄養をため、夏には枯れてしまいます。

そしてまた、秋に妖しいといわれる花を咲かせるのだそうです。

[PR]
by sayootsuka | 2012-10-08 06:30 |

巾着田の赤い色、白い色

c0215627_1855138.jpg

厚木に用事があったので、早朝寄り道をして撮影をに行きました。
ただの、往復では高速代がもったいない・・・と言うわけでして。

巾着田に着いたのは、まだ暗い4時半ころ。
少し歩いて、人気の無い暗い中で、ライトを悪戯して白の彼岸花を撮ってみた。
よくよく見ると、完璧にきれいな花では無かったです。









c0215627_186664.jpg

5DMⅢは多重露出ができるというので、ボカシではなく違った花を重ね撮りしてみました。
何だかわけがわからない絵になってしまって。 そうでしょう?

花を選ばないと、きれいな絵にはなりませんね。
これは赤の飽和でしょうか。








c0215627_1862637.jpg

曼珠沙華の花は、だいぶ見頃を過ぎていましたが観光客はいっぱいです。
川べりには、まだ蕾もあり、きれいな花色のところもありました。

ただ、この日は雲が厚く、木漏れ日も、雫もなく、ちょっと物足りない風景でした。
花に当たる光としてはよかったのでしょうが、曼朱沙華に変化がつかず残念。

これも赤の飽和かな?
赤の飽和?? 私はまだ、この意味がわかっていないんです。

[PR]
by sayootsuka | 2012-10-07 06:03 |

遠かった湿原

c0215627_2059972.jpg

尾瀬の帰り道、ちょっと足を延ばしたら行けると思っていた。
国道と言うには細く、長い道のりだった。

目標が何も無い山の中、ちょうどキノコを採っているらしきおじさん(失礼!)を発見。
道を尋ねたら、「ああ、すぐこの先を行けば、入り口に看板が出てるよ。」と教えてくれました。

ところが・・・すぐ先はとても遠かった。













c0215627_20591953.jpg

たどり着いた湿原は、まだヒツジグサが咲いています。
でも~・・・ 誰も居ません。
ここは、秋の紅葉がいいだろうと、感じながら撮影していると・・・
犬を連れたご夫婦がやってきて、湿原の周りを散歩し始めました。

どうやらここは、周回できるようです。
9月の時期は、どこもあまりポイントとなるところがないようで、訪れる人が居ないんですね。

カエデがたくさんあるこの沼は、秋の紅葉の映り込みがいいでしょうね。
遠いけど、また来て見たいです。

[PR]
by sayootsuka | 2012-10-06 05:30 | 自然風景

コスモスの咲く湖畔

c0215627_2024340.jpg

台風一過の朝、蕎麦畑を撮影してから榛名湖へ上りました。
傷めつけられたコスモスが、サイド光で鮮やかなピンク色が浮き上がります。

※ フードきちっと装着したはずなのに、ケラレが出てますね。













c0215627_20241945.jpg

湖面や、沼の原には靄もなく、コスモスに吹く風のみで、
湖面を照らす太陽光はまぶしすぎます。

カメラマンは誰も居ず、湖面で釣り糸をたれる釣り人のみでした。

[PR]
by sayootsuka | 2012-10-05 06:23 | 自然風景

草紅葉賛歌

c0215627_20392243.jpg

尾瀬の朝は、意外と冷え込みません。
いつもなら、一度くらい霜が降りるそうなのですが、今年はこの季節(9月末までに)まだだそうです。
小屋に勤務のお姉さんが教えてくれました。

朝露に靄、草紅葉も輝いて見えます。










c0215627_20393227.jpg

虹色のタマボケ撮りたかった~。










c0215627_20394578.jpg

りんどうの紫がとてもきれいです。

[PR]
by sayootsuka | 2012-10-04 06:36 | マクロ

不思議な光

c0215627_21155469.jpg

台風一過の翌朝、蕎麦畑で不思議な光に出会いました。
初めて出逢った光です。











c0215627_21161469.jpg

その光を見る前に、お月さんを絡めて蕎麦畑を撮りました。
蕎麦は案の定、台風の風になぎ倒されています。

[PR]
by sayootsuka | 2012-10-03 07:00 | 自然風景

尾瀬沼の落日


c0215627_21532522.jpg

食事を終えたころ、空が赤くなってきました。
急いでカメラを持って、沼際まで走りました。

ほんの少し焼けた夕焼けは、あっという間に終わってしまった。









c0215627_21533886.jpg

背中では、お月さんが、輝いていました。

[PR]
by sayootsuka | 2012-10-02 06:30 | 自然風景

蒼き尾瀬沼

c0215627_1753737.jpg

あまり人の居ない尾瀬沼。
早起きして頑張って、熊鈴をつけ、山ラジオをつけ、ライトで木道を照らしながら
ここまでやってきました。
好きな靄が生き物のように、這ってうごめいていました。












c0215627_17534210.jpg

どこかで見たような景色ですが、私にとっては新鮮。
はて? どこへカメラを向けたらいいのだろうか?
考えながら、感動する場面へと向けてみました。

感動! 伝わるでしょうか。

[PR]
by sayootsuka | 2012-10-01 06:25 | 自然風景